場所から考える!すでに物件を持っている場合の、代理店、フランチャイズ業種の選び方

繁華街なら飲食店がおすすめ

店舗用物件が繁華街にあるなら、飲食店を選ぶのがおすすめなんです。繁華街なら夜に人が多く集まりやすいので、集客面でも有利でしょう。飲食店のフランチャイズは、さまざまジャンルの会社が展開しているため、近くのお店との競合も最小限におさえられるはずです。繁華街に来るお客さんは、お店をはしごすることも多く、店舗が集まっていることで相乗効果も期待できるんですよ。周辺の飲食店との連携も生まれるので心強いですよね。

住宅街なら携帯ショップがおすすめ

店舗用物件が住宅街にある場合は、携帯ショップにしてみるのも良いでしょう。携帯ショップを利用するときは、近所にあるお店を利用することが多いですよね。住宅街は人が住んでいるということもあり、確実な集客が見込めるというメリットもあるんですよ。携帯会社が同じでも、代理店の会社が違うとサービスも微妙に変わってきますよね。住宅街なら、地域に密着したサービスも展開しやすいので、安定してお店を続けられるはずですよ。

郊外ならコンビニがおすすめ

店舗用物件が市街地から少し離れた郊外にあるなら、コンビニを検討してみるのが良いかもしれません。コンビニというと、もうかなりの数が出店していて、始めるのは難しいように見えますが、実はまだまだ出店に適した場所は残っているんです。郊外でも、車がよく通っているのに、お店が少ないところがありますよね。そのため、自分が持っている物件周辺の交通量が多い場合は、コンビニのフランチャイズが有力な選択肢になるはずです。

一定の会社などの委託を受けて、その商取引の代理を行う店や会社のことをいいます。例えば旅行代理店は、交通・宿泊などから構成された旅行商品を企画・仲介し、販売します。