服装調節も意外と大事!?倉庫内作業でのベストな服装

正規の作業着が最も合理的である事に変わりは無い

倉庫内で作業をする際に最も適した服装として、その倉庫を管理する業者が指定した作業着が最も理想的である事に変わりは無いでしょう。様々な汚れを適度に吸収し耐久性にも優れる作業着は、少々乱暴に扱ってもそうそう破れるものではありません。仮に事業所から支給されるとすれば、大抵2、3着というケースが多く、これらを適度にローテーションさせながら利用すれば、軽く数年は持たせる事が出来るでしょう。細かい汚れや破損はあまり気にしないのが肝要ですよね。

作業着が支給されないケースでは

アルバイトや派遣スタッフを始めとした非正規スタッフに対しても、安全面の観点から正規の作業着を支給する事業所が増えてきたのは有難い事でしょう。ですがコスト削減の一環として作業着が支給されないケースもあり、その場合において個人が出来る手段としては、出来るだけ動き易くかつ丈夫な素材の服を選ぶという事になります。とは言え、大抵の倉庫ではTシャツに場合に応じて薄手の作業用ジャケット、ボトムにジーンズ等のデニムを着れば事足りるケースが多いもの。男性の場合ラフな格好と考えれば、あまり神経質に考える事も無いでしょう。

厳冬期や盛夏期はさすがに衣服の調整を

エアコンが効き辛くまた日照が得られ難い構造の倉庫内において、夏冬の厳しい暑さ寒さに対応する必要性は高いもの。そうなると多くの場合、個人の衣服調整が重要となってくる訳です。特に冬は寒い一方、激しく動き回って作業するという難しい条件の元衣服調整を行わなければなりませんよね。その際は化繊の通気性に富むシャツをアンダーとして、中に薄手のニットやトレーナーを介し、最後にジャケットやブルゾンを羽織るといった格好がベストとなるでしょう。作業の中で暑くなれば上着を適宜脱いで調整出来ますし汗は化繊のシャツを通じて発散されますから、それらが留まって冷えを誘発する心配も無くなるでしょう。

3PLは物流を改善して業務の効率化も図れるので、サービスの品質を高めたい場合には導入をしてみる価値はあります。