あなたはどうしてる?大容量データ転送方法あれこれ

一般的なデータ転送について

おじいちゃんに孫の写真を送ってあげたい。仕事の取引先に、新商品の資料を送ろう。会社の同僚にエクセルデータを。など、誰かにデータ転送する場面は多くあります。一般的なメール添付によるデータ転送は、送りたいデータをメールに添付する、データが重ければ、ZIPファイルなどに圧縮、またはデータ自体の保存形式を変え、容量を軽くして送信するなどです。しかし大容量のデータを、どうしてもメールで送れない、高画質なデータのまま転送したい場合は、他の手段を取るしかありません。

大容量でも安心!ファイル転送サービスを利用しよう!

メール添付でそのまま転送できない場合、ファイル転送サービスがお勧めです。ファイル転送サービスとは、web上に送りたいデータをアップロードし、データを受け取りたい方に、ダウンロード先のURL、パスワードを連絡、データを受け取りたい方ご自身に、ダウンロードしてもらう方法です。これにより送りたかった大容量データを送ることができ、基本的にファイル転送サービスは、会員登録などせずに使うことができるため、非常にお手軽です。またダウンロード期限、回数も設定できるので、セキュリティ面が気になる方も安心できるのではないでしょうか。

クラウドサービスによるデータ共有について

もう一つの大容量データの転送方法をご紹介しましょう。それはクラウドサービスを利用することです。クラウドという共有できる場所に送りたいデータを保存し、その保存先のURLを相手に伝えて、閲覧、ダウンロードしてもらうことができます。一部のクラウドサービスはアカウントを持っていないと利用できませんが、指定の容量までなら無料で利用できたり、保存期間もないので写真や音楽データの保存に向いてるかもしれません。いつでもその場所に行けば、写真が見れたりするというのは非常に便利ですよね。こちらも、ぜひ一度使ってみてください。

あまり使用しない大容量ファイルがある場合には、格安オンラインストレージに保存することでHDDの容量を節約することが出来ます。