これを知らなければ確実に損をする起業の考え方とは

業種を間違えないようにしよう

起業を思い立った時というのはかなりやる気になっているため、何をやっても成功しそうな感じがします。確かに、情熱があるとそれだけ勢いがあり、目標達成しそうな感じがしそうです。ですが、それは最初のうちだけで、競争する種目を間違えるとスタート時期はよくても途中でばててしまいます。200メートル走に参加しているつもりで実は1万キロメートル走だった場合200メートルを通過したあたりで、「あれ?なんか違うな」と気がつくはずです。

広がりがあるかが大事

業種はできるだけこれから広がりそうな業種を選ぶできです。逆にあまりおすすめできないのはすでに流行りきってしまっている物です。たとえば、いくら自分が好きでも全国津々浦々に存在するラーメン屋を開店してもなかなか難しいのです。もし、開店するならば他店にはない何かを持ち合わせている必要があります。起業で成功するにはできるだけこれから流行りそうな物を選ぶできなのです。しかも扱う商品に広がりがあるかどうかを確かめておくべきです。

その人が継続して買ってしかも他の人に広がり安い物

広がりがある商品というのは、まずその商品が1人のお客さんに継続して購入される物です。1回購入して終わりでは宣伝費が膨大になってしまいます。たとえば腕のいい床屋やアイデアが面白い床屋などがあれば反復してお客さんが来てくれるはずです。男の隠れ家的な床屋があれば面白いのではないでしょうか。そして、それが口コミで広がり、多くのお客さんを引っ張ってくることができる商売であることが必要です。この2点の広がりがあれば成功に近づきます。

フランチャイズ」とはフランチャイザー(本部)が一定の条件でフランチャイジー(加盟店)に営業権を与え、対価としてロイヤリティを受け取る契約形態の事です。