自営業を始める際の主な注意点の数々について

自営業を始めるにあたって

まず、自営業を始めるにあたって、もともと実家が自営業をやっていて、親からそれを受け継ぐなど、すでにノウハウがある場合はともかくゼロから自分で始めるというときは、特に脱サラし一念発起するというときなどは、できうる限り最小限のリスクで始めるようにしましょう、たとえば最初は副業としてはじめ本業の収入を上回った時に脱サラするという風に、あとから後悔するようなスタートだけは、避けるようにすることが大切です。

自営業を始めるのあたってのリスク管理

今どきの自営業は一昔前と違って、リスクを最小限にすることが可能です。その理由はやはりインターネットの普及が大きいと思います。たとえばまだインターネットがまだ普及していないときは自分でお店を出すときなどはお店の内装費など、商売を始める前にさまざまな費用が莫大にかかったりするということが当たり前でした、しかし現在はネット上で誰でも簡単にお店を出すことができ、費用は格段に抑える(ほとんど無料に抑える)ことができるようになり大変便利になりました。

リスクは回避できてもその後が勝負

現在は誰でも簡単でノーリスクで自営業としてお店を出せるようになった一方、デメリットとしては競争が昔に比べてはるかに激化していることだと思います。なので、自分のお店といっても、どこでも売っているようなもので勝負するのでは、星の数ほどあるネットショップで自分のお店で買ってくれるということはほとんどありません。なのでよっぽどにっちな品物を扱うか、ほかにない付加価値を付けるなどしないと生き残っていくのは至難の業ではないでしょう。現在は特に自営業はスタートしてからが勝負なのです。

フランチャイズを利用する事によって、開業資金を援助してもらう事なども出来ますので、とても便利な契約です。