秘書の仕事内容って?派遣秘書も同じ仕事?

派遣秘書の働き方って?

派遣秘書とは、秘書を必要とする企業で3か月や半年など、期限を決めて働く秘書のことです。仕事の仕方や頑張り次第では契約が伸びることもあります。派遣秘書として働くことは、企業にとっても働く側にとってもメリットがあります。企業側には正社員よりもコストを抑えられるということや、雇いたい時期だけ雇えるというメリットがあります。働く側は、時期を決めて働けるため、自分の都合に合った時期だけ契約することができる点で良いといえます。

秘書はどんな仕事をするの?

仕事内容は派遣秘書も正社員もそれほど差はありません。では、毎日どのような仕事をしているのでしょうか。秘書とは、社長や医師などについて上司が仕事に集中できるように支える役割があります。社長など、企業のトップの地位についている人には様々な業務があり毎日忙しい日々を送っています。そこで、秘書がスケジュールの調整をしたり、よりスムーズに業務がこなせるようにするためにサポートします。具体的には、電話対応、手紙の処理、来客対応、文書作成などを行います。

派遣秘書にはどんな待遇がある?

正社員に比べると、派遣秘書に対する待遇は少なくなります。給料は時給1500円~2000円の企業が多く、ボーナスの支給は基本的にあります。交通費の支給は企業によって異なります。残業代などは労働基準法によって定められている通りなので支給されます。派遣秘書から正社員になるのは即戦力を求められる秘書の世界では難しいことではあります。しかし、正社員として働くことを前提に、一時的に派遣秘書として働いてから正社員になるということもあります。

秘書の派遣では、電話対応をはじめとした様々な業務をスムーズに行ってもらえるため、安心して依頼できます。