部屋の雰囲気ががらっと変わる!素敵なインテリアカーテン

意外な発想!カフェカーテンの使い方

部屋の大部分の面積を占めるカーテンは、なかなか圧迫感があるもの。そんな圧迫感を排除したいなら、短めのカフェカーテンをチョイスしてみて。そのままだと部屋が丸見えになってしまうので、レースカーテンを合わせることを忘れずに。日差しもたっぷり入る上、白のレースカーテンだと部屋が広く見えます。1階部分だと防犯が心配な方は2階での利用がおすすめ。現在はレースカーテンもきちんと見えない素材もあるので、それを取り入れるとより防犯も安心です。

海外では主流!壁紙と柄を合わせてみて

海外のかわいいカーテンの使い方のひとつが、壁紙とカーテンの柄を合わせてしまうこと。これはマネしたいインテリアです。柄によってはまったく印象の異なった空間が生まれます。大き目の花柄だとポップな印象に。小花柄だとアンティークな雰囲気に。星柄だと、まるで宇宙空間のようにもなりますね。ぜひ子ども部屋にもおすすめ。ついつい部屋で浮いてしまいがちなカーテンの存在も、壁紙と同じ柄をオーダーすることで部屋に統一感が出てすっきりまとまります。

まるでカフェ空間!ブラインドの魅力

カーテン選びが難しい場合はブラインドがおすすめ。いろいろな素材のブラインドが販売されているので、ぜひチェックしてみて。ウッド素材のブラインドを選べば、お部屋がほっこりするナチュラルな空間に。観葉植物でグリーンを足せば、まるでカフェのような落ち着いた印象になります。ピンとくるブラインドに出会えない。個性的なブラインドが良い。という方は、マスキングテープをブラインドに貼って、DIYしてしまうのもおすすめ。簡単に貼り直しができるので気分によって変えられますよ。

ひもカーテンは白が一般的と思われていますが、黒などの濃い色も人気です。白と比べ空間が引き締まるので部屋の間仕切りとして使われることが多いです。